NUARL NT01AXを購入したのでレビュー

この記事を書いたひと: @t4traw 2019年7月26日

少し前から「Bluetoothのイヤホンほしいなぁ」と思っていて、Amazonのタイムセールで1800円くらいのJBLの首掛けタイプのBluetoothイヤホンを購入したんですよ。そしたら「ワイヤレス最高じゃん……」とその快適さに気づき、最終的にNUARL NT01AXを購入しました。で、ちょうど1か月使い込んだのでレビューします。

TL;DR

最高。これはライフチェンジングだった。

完全ワイヤレスに興味がわき、視聴してみる

JBLのイヤホン、確かに快適なんですが、やっぱり1800円のイヤホンは音質に満足ができませんでした。1800円でこの音は確かに良い方だとは思うのですが、さらに完全にワイヤレスで良い音出せたらすごく幸せになるんじゃない?と。

少し前はBluetoothでのイヤホン・ヘッドフォンって、値段と音質が釣り合ってなかったりバッテリーライフが頑張っても3-4時間だった気がするのですが、今はかなり良い音質まで上がっていると。あとバッテリーも10時間前後まで持つと。

最初に検討したのはAirPods。接続や連携に関してはiPhoneと組み合わせは最強と聞きます。で、会社に所有している人がいたので、快適だけど音質に満足できなかったとの事。

せっかくちゃんと買うのなら音質はやっぱ良いのがいいよねぇ。というわけで、近所の家電屋さんにワイヤレスイヤホンを見に行ってみる。家電屋さんに置いてあるのはどれも10000円以下の商品ばかり。このぐらいの金額で良い音が出たらいいなぁ、とさっそく視聴させてもらう。

……。あ、駄目だ。場所も場所(すごく騒がしい家電屋さんの中)だし、イヤーピースも適当な商品なのもあるかもしれないけど、すっごく軽くて音が潰れて死んでる。低音がどうとかって以前にちゃんと音が聴こえてない。

調べ、悩む

で、視聴してきたイヤホンたちのチップセットや情報を調べてみる。ふむふむ。もう少し上の価格帯で、メジャーなフラッグシップ機に搭載されているチップセットはQualcommの「QCC3026」とか「QCC3020」みたい。視聴しておいてよかったわー。

自分が視聴した物でも「音の広がりに感動した」とか「良い商品だ」とか言ってるので、メディアのレビューは信用せず。ユーザーレビューを中心に調べてみる。

すると「QCC3020」は「QCC3026」の後継だけど、音質が比較すると下がった?とか接続が安定しないと見かける。

ということで、「QCC3026」搭載の商品を調べていくことに。

NUARL NT01AXか、AVIOT TE-D01dか

「QCC3026」搭載イヤホンを絞り込み、価格帯や知名度でいうとNUARLの『NT01AX』か、AVIOT『TE-D01d』の2つが最終候補になりました。で、結局NT01AXにしました。

  • デザインの良さ
  • 片側紛失時のサービスがある
  • 次の製品が出た時にアップグレードサービスがある
  • Spinfitのイヤーピースが付いてくる

といった事、あとユーザーレビューの中の「NT01AXは買ってよかった」という言葉が決めてです。かざらないストレートな表現で、信頼に値すると思いました。

実際に届いてみて

一言でいうと、かなり満足です😍

割とフラットな音で、いわゆる味付けが少ない感じですが、解像度が高くてツヤのある中高音がめっちゃいいです。

で、よくレビューでは女性ボーカルを聴くのに最適ってありますが、僕的にはこんな感じの曲が最高でした。

比較的クリーン目なインストのバンドアンサンブルです。「いや、お前いつもそれ聴くといいって言うやん?」という声が聞こえてきそうですが気にしない。

NT01AXはギターの音がめっちゃいいです。僕はギター弾きなので、これがすごくポイント高いんですよ💘

解像度と音圧が足りないイヤホンだとジャズマスターの音とか聴いてられなかったりするんですが、NT01AXはすんごく気持ちよく聴ける。

これは買ってよかった。音楽を快適に楽しむ日々が送れそうです😁