ローカルの開発環境でサクっとサーバーを起動するならhttp-serverが便利

この記事を書いたひと: @t4traw 2019年6月14日

最近、仕事でいろいろなデータをjsonから取得・生成するコードを書いています。

ローカルでjavascriptを書いてjsonを読み込む時、htmlファイルを単純にブラウザで開いて確認しようとすると、プロトコルが’file://‘なのでjavascriptでfetch APIを使おうとすると、「URL scheme must be “http” or “https” for CORS request.」と怒られてしまいます。

なので、手元でWEBサーバーを起動しないといけません。常にrubyのsinatraをサクっと起動している環境だったので、そこに放り込んで適当に確認していたのですが、他のメンバーはruby入っていない環境もあるので、全員入ってるnodeでサクっと起動する方法ないかな?と探してみたら、http-serverというのが非常に便利で感動しました。

http-server - npm

インストールと簡単な使い方

まずインストールします。

$ npm i http-server

そして、起動するだけです。

$ npx http-server

これでlocalhost:8080にアクセスすると、ファイルやディレクトリの一覧が表示されます。

あとはファイルをクリックするだけ。超カンタン!なんで今まで使わなかったんだろうorz

便利なので、これはglobalに入れてもいいかもしれませんね。

それでは。