GXスタートデッキ メタグロスを強くする

2019年3月25日 カテゴリー: pokemon-card タグ: ポケモン カードゲーム tcg ポケカ メタグロス ルカリオ&メルメタルGX

ポケモンカードゲーム、家族と遊べれば良いなぁぐらいだったのですが、身内でも「面白そうじゃん」という声があり、近所の仲が良い子供達にも伝染させてプレイヤー増幅計画を実行しようかと思います。

さて、いろんな人達と対戦していく事になりそうなんですが、やはり一応ゲーマー&一応カードゲーム経験者としては、そう簡単に負けられません。少しデッキを強化することに。

デッキ ビフォーアフター

元々のデッキの中身がこんな感じです。

で、こんな具合に強化しました。

改造のポイント

スターターデッキの初期状態で3種類(残り2つはゼルネアス=フェアリーと超=ミュウツー)の中では一番強かったです。

で、対戦していくうちに何が強かったのかというと、

  • 打点(1ワザあたりのダメージ)の高さ
  • エネルギー効率の良さ

の2つが圧倒的に強いと感じました。

エネルギーをどうするかがポイントっぽい

打点の高さに関しては、高火力なポケモンカードを選ぶという分かりやすい解決方法があります。

しかし、エネルギー効率に関してしっかり考える事が最初の構築ポイントだと感じました。

というのも、ポケモンカードゲームはエネルギーをつける事でワザを使う事ができるのですが、このエネルギーは基本的に自分の番に1枚しか手札から付ける事ができません。

しかし鋼=メタグロスGXの初期デッキには、

  • コイル: 自分の山札から基本エネルギー3枚をサーチして手札に加える
  • メタグロスGX: 特性でトラッシュから鋼エネ1枚をバトルポケモンにつける
  • メタグロスGX: CX好きなカードを5枚手札に加える
  • ダイノーズ: M トラッシュにある鋼エネ1枚を自分につける
  • テンガン山: 自分のターンに1度、トラッシュから鋼エネ2枚を手札に加える

と、非常に豊富なエネルギーを効率的に運用するカードが含まれていました。

このデッキの高火力パターンは、

  1. コイルを出してMエネ3枚をサーチ
  2. 適当なタイミングでアローラディグダをアローラダグトリオに進化。もしくはヒードランにエネルギーを貼る
  3. アローラダグトリオあったら手札の鋼1枚トラッシュ×30ダメージ、ヒードランだったら2枚トラッシュで130ダメージ
  4. テンガン山でトラッシュからMエネを2枚戻す
  5. メタグロスGXまで進化できたら、更にトラッシュからMエネ1枚をバトルポケモンに
  6. 3に戻る

だったので、この1ターン内に1枚以上のエネルギーを貼る(通称エネルギー加速=エネ加速というみたいですね)というプレイを軸にデッキを強化していくことにしました。

スタート盤面 コイル -> ジバコイル

上記のように、まずはコイルを出したい。Mだけで山札からMエネ3枚サーチが非常に強い。それでドローしてきた大量のMを上手に使えるのが進化先のジバコイルだなと。

今まではアローラダグトリオで手札から直接Mを使うしかありませんでしたが、ジバコイルが自分の場に入れば、好きなだけMエネをポケモン付ける事ができるようになります。

豊富なエネルギーはネクロズマたそがれのたてがみGXで使う

初期デッキだとヒードランがMMをトラッシュして130ダメージというパターンがありますが、ジバコイルがあるならもうちょっと火力を出したい。という事でネクロズマたそがれのたてがみGXをチョイス。

今の環境上位にウルトラネクロズマGXがいると思うのですが、Pエネまでうまく揃える自信もカードもないのと、なんか環境上位のデッキを安易に使いたくないという天の邪鬼精神でこの子(ネクロズマたそがれのたてがみGX)をピックしました。だって安かったんだもの……w

あとウルトラネクロズマだとドラゴン属性ですが、ネクロズマたそがれのたてがみだと鋼属性なので、今度鋼シナジーを何かしたい時に便利かなと。

総合力アップのルカリオ&メルメタルGX

最近発売された拡張パック『フルメタルウォール』に集力されているルカリオ&メルメタルGXが、山札からMサーチもある上に汎用性のあるGXワザで、さらに安かったので採用しましたw

GXワザを使えば、試合中全てのワザダメージを-30できます。まだ入れていませんが、鋼鉄のフライパンなど使えばかなり硬い状態になれます。

Mデッキは盤面を作るのに若干時間がかかるタイプだと思うので、このカードまたはGX効果の効果で耐えながら豊富なMエネを使える盤面を作る感じですね。

アローラディグダ -> アローラダグトリオ

アローラディグダは元々入ってる子よりも、「なかまをよぶ」ワザを持った子の方が使いやすいので、そちらに入れ替え。上記のルカリオ&メルメタルGXやコイル、ネクロズマたそがれのたてがみGXを呼べるのはデカい。

さらにアローダダグトリオも、特性持ちの子に変更しておきます。

気になるメタグロスGX

さて、ここで気になるのがメタグロスGXちゃん。ネクロズマたそがれのたてがみGXのメテオテンペストMMMCを安定して使うために、本当はメタグロス2体をベンチに入れておきたいんだよなぁ。となるとデッキには3枚積みたい所。でもそうするとかなりポケモンの数が多いような……。2進化なので、ふしぎなアメの数も4つで足りるか?という心配もある。

もしもベンチでのサポート運用ならアローラダグトリオとかぶってしまうので、アローラダグトリオを抜くかなぁ。

このあたりは調整ですね。そもそも100%勝ちにいくデッキではなく、周りといい勝負できる程度の強いデッキですし。